Hand in Hand Tokyo2019(2019/04/14)

Hand in Hand TOKYO 2019に参加しました。

幸運にも参加団体としてはトリの演奏となり、大勢のお客様に我々の演奏を見ていただき、人生初のスタンディングオベーションをいただきました。感動。。そして国内外の16の合唱団の500人を超えるLGBT+による合同演奏、こちらもまた感動。。。いい演奏会でした。

我々は幹事としておもてなしをする立場であり、ウェルカムパーティーから3日間、大変なことも多かったけど、ものすごく楽しめした。参加者の皆様とこの歴史的な時間を共有出来たことを心より感謝申し上げます。

団長 りゅう

3月7日

どうも軍曹です。今日は本番前の練習でした。本番前は本気モードかなんなのかわかりませんが、
みなさん歌えるようになってきましたね!
楽しくなくても楽しく歌いましょう!
その調子で本番頑張りましょう。
 

3/31練習日誌

皆さんこんにちは。べっち@バリトンです。もう大分暖かくなりましたね。
先週末は天気に恵まれ、花見を楽しまれた方も多いのではないでしょうか。
まだ寒暖差が大きいですので、皆さんもこの季節の変わり目に体調を崩さないようにして下さい。

3/31は2週間後に控えたHand in Handと呼ばれるLGBT合唱祭に向けた追い込み練でした。
通しの後細部のハーモニー確認をしたり、メンバーを絞っての通しをしました。
軍曹の檄が飛ぶシーンもあり、緊張感が増してきたと思います。
本番までの後少し、暗譜含めて頑張りましょう。

練習の成果をなかのZEROまでぜひ聴きに来て下さい!
よろしくお願いいたします。

Hand in Hand 公式サイト→
https://www.hih2019tokyo.org

チケット購入→
https://t.livepocket.jp/e/hih2019tokyo

2019/3/24 暗譜大会日誌

こんにちは、トロです。
早く花粉のシーズンが終わらないかな……
今回の練習にはピッタマスク装着で向かいました。

今日はメイン指導者の軍曹が不在のため、みんなで4月のHand in Hand(詳しくは、前回の日誌を!)に向けて暗譜大会を開催しました。
楽譜が頭に入っていない状態での歌唱は不自由……
頭に入れる過程での歌唱も不自由……
しかし楽譜が頭に入り、音を目で追ったり歌詞を必死に思い出したりしなくなれば
声もアンサンブルも自由を得られます!

たくさん歌いこんで、歌を自分のものにしていきましょう。
練習の成果は、4/14 なかのZEROにてお披露目となります!
よろしくお願いします。

Hand in Hand 公式サイト→
https://www.hih2019tokyo.org

チケット購入→
https://t.livepocket.jp/e/hih2019tokyo

03/03,10,17 3月も半ば。

こん○○は。しごろです。

いやー、3月!だいぶ暖かくなってきまして、
ようやく春到来という感じですね。。

っていうか既に3月も半ばという。

練習3回分の日誌が飛んでいるという。

ほんとサボってすみませんorz

さて、2月の本番も終わったわけですが、
我々には次なる本番が待ち構えているのでした。

過去の日記でもちらっと書かせていただいていますが、
04/14(日)に、Hand in HandというアジアのLGBT合唱祭が、
今年は日本で開催されます。
そこにensemble MEMORYもホスト団体として出演します!

出演者だけでなんと500名という超巨大イベント。
そして相手は異国のLGBTたち。
果たして我々MEMORYは栄冠を手にすることが出来るのだろうか…

その結果は、ぜひ皆さんの目で確かめてください。
チケットはこちらです(ちゃっかり宣伝)
https://t.livepocket.jp/e/hih2019tokyo

と、いうわけで本番が終わっても
ゆっくりする間もなく練習しております。
次の本番が終わったら、絶対ゆっくりするんだ…!
#死亡フラグ

2月10日・17日:半端ないって

悠です。黒い労働環境により胃を痛めつつ日誌を忘却し週末にようやく書いている体たらく。。ずびばぜん。。。

先日の練習では、本番間近ということで演奏曲の詰めをしました。
ドミソの和音を正確に鳴らすのがいかに大変かを味わい直している今日この頃…ミの難しさ半端ないって。

当団は繊細な響きとハーモニーが持ち味(と、私は入団前からそう思っています)なので、毎回ハーモニーの確認に余念がありません。
何度も同じフレーズを全員で歌い、正しい音程や歌い方を入れていきます。
とても地道な作業に見えますが、その末にハーモニーがすっきりまとまったときに達成感を味わえます。
ええ、それはもう半端ないって。

今回の曲は明るいノリのいい曲やほっこりする曲などあって、バリエーションが多くて楽しんでます。
ノリのいい曲が個人的には一番難しいんですけどね。
半端ないって(くどい)。

当団は色々なジャンルの曲を歌っています。
男声のみの団体ではありますが、男声アンサンブルだけではなく、混声アンサンブルという形でも歌っています。
合唱に限らず、音楽が好きな方、ぜひぜひ遊びに来てくださいねー。

2月3日練習日誌

こんにちは。ゆきひろです。
早いものでもう2月ですね。本当に早い…

今月は個人的に本番が3回あるので、インフルエンザやら風邪やらかからないように、人目につかないように生活してます(飲みには行っていますが…)

そんな中、友人から言われた一言「この前一緒に旅行いったあとにインフルエンザなってさー」

えっ(*゜д゜*)まじ?

でも、全くインフルエンザの影もなく、仕事と本番をこなしております…もう少しか弱くてもいいのに。。

さて、そんなか弱くなりたい願望がある私ですが、練習ではなぜか圧が強いとよく言われてます。数週間後が本番なので今の時期はつい真剣になってしまいますが、いつもは朗らかでおおらかなんですよ?

そんな感じで、練習はいつもより集中して取り組めたかなあ…というところです。録音聞くとまだまだですけどね…

本番まであと数回ですが、頑張っていきましょう!!

最後に…4月14日(日)にはHand in Handという、アジアのLGBT合唱祭が日本で開催されます。

ensemble MEMORYも出演しますので、ぜひ観に来てくださいませ!!
出演者だけで500名というイベントなので、飽きさせません!(そのはず 笑)

チケットはこちらからお求めくださいー。
https://t.livepocket.jp/e/hih2019tokyo

そして、Hand in Handに関しては、まだあんまり音取りしていないので、今見学に来ても間に合います!
初心者~経験者まで幅広くお待ちしておりまーす!

1/27 練習日誌

遅くなってしまいました。naoです。

記憶を辿ってこの日の練習を振り返ると…
某コンテストへ向けてのクオリティアップの練習を行いました。
人がいないパートは他パートのメンバーで補いつつ、チーム分けをしてなるべく1パート1人で歌ってみる練習。
自分はこの小編成で歌う練習が好きです。お互いの声がよく聞こえるし、アンサンブルの醍醐味だと思います。
人数が増えてもパート内で声質・音程ともにブレがなく、精度の高いアンサンブルができれば理想的ですね。

歌うのが好き、ハモるのが好きという方はぜひ一度見学しにきてみてください!
最近若いメンバーが増えてきています。活気があってとってもよいですね。

2019-1-20 練習日誌

みなさまこんにちは。
こちらのブログご覧いただきありがとうございます。
ましゅです。(自分で自分のことましゅとか言い出す31はどうかなと思うが、仕方ない)

昨日は近々ある某コンテストのための練習を行いました。
練習は和音の確認などを中心に行ってました。
ちょっと高い、ちょっと低いとかでだいぶ出来栄えは変わって聞こえます。
その微妙な差の埋め合わせをする作業をしました。
男声合唱だとおそらく低くなることが多いかと思うのですが、当団はカウンターテナーが多くいるので音程が浮いちゃう場合もあって、その聞き分けがなかなか難しい。
当団は比較的少人数なので、そういう和音の聞き分けの訓練がしやすいのが面白いところかななんて思います。

練習後は年に一回の総会を行いました。
会計報告だったり、役職変更等を行いました。
ちなみに私はもともと楽譜係だったのですが、仕事の関係で遅刻することが多く、若い子に引き継いでもらいました。(大変ありがたい)
当団にはルールブック(会社規定みたいなやつ)が存在しており、ルールブックに則り運営しています。
そういうちゃんとした運営を行なっているところもいいところだなぁなんて思ったり。

というわけで、合唱に興味のある方、ぜひ遊びに来てくださーい!

ましゅ

1/6,13 練習日誌 優しさに包まれたなら

年が明けまして半月ほど経ちました。前回の練習日誌を書き忘れて、某広報担当にどやされておりますYOUです。

前回と今回の練習は、近日中に発表会的なものがあるということで、そのステージで演奏する曲を練習しました。前回の定期演奏会の使い回しの曲もあるのですが、改めて各小節に分けて確認してみると、アラが目立つものです。某練習担当からは「いかに自分たちが適当に歌ってるかわかったろ。反省しろ」とボロくそに喝を入れられました。

年始からこんなに人に怒られてるなんて、私はこの一年どうなるのか…と、一瞬思いかけましたが、私は気づきました。
これらはすべて「優しさ」からくるものであると…目に映るすべてのものはメッセージなんだと、改めて実感しました。

冗談はさておき、練習外では、年末、某練習担当宅で年越しパーティーが開催されました。ご飯を作って食べたり、他団の演奏会の録画を鑑賞したり、神社に初詣に言ったり。予定のない人達で集まって、年中行事を祝えるのも、当団のいいところです。

当団は「優しさ」に包まれております。
見学希望お待ちしております。  アーメン